原付の特約を付けて安くしてしまおう!

原付の保険をお探しならファミリーバイク特約に注目です。

個別の保険だと原付とはいえ通常数万円を覚悟しなければなりませんが、
車の保険加入者のいる家族が使用する原付の場合、
保険料が6千円~1万円程度の特約追加で済みます。

しかもこの特約は大変メリットが多い特約です。

・原付の事故でも本体自動車保険の等級へ影響しません
・125cc以下のバイクを運転する家族の誰でも(別居の子供もOK)が補償対象
・原付が何台でもOK、借りたバイクでもOK
・年齢制限がありません
・対人、対物、自損事故で本体の自動車保険と同様の補償

せっかくのいい機会です。
【無料】一括見積もりで特約付きの自動車保険を今より安くしてしまいましょう。

一括見積もりなら原付の特約付きで今より安い車の保険が見つけられるでしょう。


●ご存知でしたか。究極の軽自動車売却法
 ⇒ 一括査定の複数利用

原付特約を付けて最適を見つける

車 保険 相場

原付の特約を付けて車の保険を選ぶ時は、特約だけを比べても答えが出ません。

特約は安いのに全体では高くなってしまう場合もあり、
ファミリーバイク特約を含めた保険全体の姿を比較する必要があります。

一括見積もりのメリットは一度に複数社の比較ができることです。

◎ファミリーバイク特約など条件を設定して見積もり依頼ができる
◎たった1回の入力で複数の保険会社に見積り依頼が行なわれる
◎メールや郵送で回答が届くので簡単・便利
◎補償内容、事故対応、無料サービスも比較できる
◎見積り費用は【無料】

一括見積もりなら原付特約を付けても今より安い保険が簡単に見つけられるでしょう。

原付の特約は通販型が似合う

通販型と代理店型には明らかな保険料の差があります。

車の保険は価格が安いからグレードも落ちるという商品ではありません。

通販型といえども金融庁の認可・監視を受ける同格の保険事業であり、
通販型の保険料が安くなるのには、同庁から認可を受けた事業形態の違いという明確な理由があります。

●代理店経費、支店経費がかからないこと
代理店を置かずに直接取引を行うことにより、代理店手数料(保険料の20%)などの中間コストを省いている。
●リスク細分化が採用されている
年間走行距離、使用目的などリスクの違いによって保険料区分を細分し保険料の設定をきめ細かにしていること。
●運転者の範囲を狭める特約を設定していること
従来の自動車保険の多くは【運転者家族限定特約】まででしたが、新たに「運転者本人・配偶者限定特約」によって、本人・夫婦だけの運転の場合は従来よりも更に保険料が安くなる。
●免許証の色による保険料の区分を採り入れていること
免許証の色(ゴールド・ブルー・グリーン)に応じて保険料が算出される。

通販の車の保険は、このように事故対応などのサービスを省略して安くしているのではなく、中間コストの省略リスク細分の採用という合理的なしくによって安い保険料を実現しています。

高い自動車保険だから安心とは限らない

代理店手数料が「保険料の20%」だということをご存知でしたか?
日本では「保険のプロ」ではない副業代理店が多いことをご存知でしたか?

全ての保険代理店が専業の「プロ代理店」であれば、代理店型でも保険料の払い過ぎの心配はないでしょう。
代理店手数料分が「保険のプロ」に対する「安心料」になります。

でも自動車保険業界の現実はそうなっていません。
日本の代理店は、自動車ディーラー・修理業など副業代理店が非常に多く、専業のプロ代理店は業界の約1割ほどだと言われています。

ネットなどで「代理店探しが重要」というコメントがとても多いのにはこういう背景があります。
損保会社は、代理店の粗製乱造を反省し再教育などを行なっているようですが、すぐに状況が変わることはないでしょう。

プロ代理店に恵まれた時の安心は代理店型のメリットですが、代理店選びには注意する必要があります。
一方、通販型は、はじめから代理店を省いており、全国均一に事故対応サービス、無料サービスを提供するしくみが採られています。

当たりハズレのない「安心」が通販型のメリットといえるでしょう。


※クルマ関連プチ情報
故障などで動かない車でも
事故車や水没車での査定買取をする業者があります。
主に日本車が求められる海外への輸出向けのようです。
日本では見向きもされないような車が
海外で第二の人生?を送っています。

家族が原付バイクでの通勤や通学を始めると、イザという時のことが急に気になるものです。

原付の保険としては、単独のバイク保険に加入するという方法もありますが、最もお得でメリットが多いのは、自動車保険のファミリーバイク特約でしょう。

本人も含め家族の誰かが車の保険の加入者であれば、その車の保険に追加できるのがファミリーバイク特約(原付特約)です。

この特約は大変メリットの大きい特約で、中でも原付の事故で保険を使っても本体の車の保険の等級には影響しないという点が本当にありがたいと思います。

また、借りたバイクも含めて原付であれば何台でも補償の対象となり、年齢制限もありません。

保険料の追加は6、7千円~1万数千円といったところですが、せっかくですからこの際、一括見積もりで各社を比較して、より安い保険に乗り換えてみませんか。

代理店型からの乗り換えであれば、ファミリーバイク特約を追加してもそれまでより保険料が安くなるかも知れません。

このような時は、一括見積もりのありがたさを特に強くかんじることになることでしょう。


<耳寄りな話>
車ローンと銀行カードローン、上手に使い分け?
確かに保証人が見つからない時などカードローンは助かりますよね。
その場合もできるだけ金利の安いカードローンを利用しましょう。

このページの先頭へ