軽自動車 保険 相場|軽自動車こそ各社の比較が大切

軽自動車の保険は普通車より安いというイメージがありませんか?

軽自動車の保険は割安でどこでもそんなに違いが無いと思われがちです。
でもその先入観が保険料払いすぎの原因になっているかもしれません。

不安なら、一度一括見積もりで各社の相場を比較してみるのがおすすめです。
同条件で保険料の差が倍以上になることもあり想像以上の違いに驚くと思います。

維持費の安い軽自動車こそ保険もきちんと安いものを選びたいものです。

現在、自動車保険を扱う保険会社は24社。
1社ずつの比較は大変ですが、一括見積もりなら簡単・便利に相場がわかります。

経済的な軽自動車にこそエコノミーな保険が似合います。

軽自動車 保険 相場|軽には通販型が似合う!

軽自動車 保険 相場

高い保険料は燃費・維持費など軽自動車のメリットを帳消しにします。
軽自動車こそ手間を惜しまず各社の保険料を比較して見ませんか。

一括見積もりをしてみると、相場の安い保険はほとんどが通販型になります。
代理店型だと軽でも条件によっては年間10万円を越すことも珍しくありません。

通販型に「こんなに安くて大丈夫だろうか?」という不安を感じるかもしれません。
でも通販型も代理店型も金融庁認可の同格の保険事業であり、
販売形態以外の基本部分に違いがあるわけではありません。

まさにその販売形態の違いが通販型が安くなる理由になっています。

安くなる最も大きい理由は支店経費など中間経費を省いて直接取引を行っていることです。
中でも代理店手数料は保険料の20%になるのでこの差は決定的です。
代理店型が5万円の場合、通販型は手数料20%分をはずすだけで4万円になります。

省いた中間経費を保険料の低減やサービス充実に充てているのが通販型です。


<関連情報>
中古車価格の面で売る時に有利な車は軽自動車ですよ。

軽自動車 保険 相場|一括見積もりの入力は最短5分

一括見積もりの入力は決して難しいことではありません。
選択ボタンなどが親切に用意されており思ったより短時間に完了できます。

 保険証券 免許証 車検証 を手もとに準備してください。
入力事項を確認しながら5分から10分程度、長くても15分程度で入力が完了です。

■一括見積もり 入力の流れ

①「車のメーカー」をクリックしてスタート
②車検証を見て「車名」「形式」などを選択、入力
③保険証券から現在の自動車保険情報、契約者の名前・住所などを入力
④希望する補償内容を入力
⑤入力内容を確認して完了

通常、翌日には各社の見積もり・概算がメールで届きます。
(郵送の場合はメールより1日程度時間がかかる場合があります。)

加入条件や補償内容を変更したい場合は、事前に変更内容を決めておきましょう。

このように1社分の入力で複数社から見積もりを取ることができ、 一覧で比較できるのが一括見積の最大のメリットです。

軽自動車 保険 相場|通販型の事故対応

「事故対応は保険会社が直接行う」のは代理店型でも通販型でも同じことです。

プロ代理店だからといって代理店が事故対応のあっせんや仲介を行なえば法律違反になります。 事故の時の代理店のメリットはあくまでも「アドバイス」です。

ネットで「代理店の方が安心」だが「代理店探しが重要」というコメントが多いのは、アメリカなどと違い専業のプロ代理店が少ない(10%)という日本の自動車保険市場の事情があるからです。

代理店型が安心というのは、プロのアドバイスが可能な専業代理店に恵まれた時の話だと考えるべきです。

通販型は、事故対応24時間365日受付、初期対応365日実施、豊富な無料ロードサービスなど顧客全員が均一のサービスを受けられるしくみになっているのがメリットでしょう。

(※初期対応…事故直後の対応アドバイス、警察や病院への連絡、修理工場の手配など)


<車の話あれこれ>
数年前ですか、下取査定でゼロといわれたワゴンを買取店に査定してもらったら、
なんと30万円と言われたことがあります。
結果的に無料一括査定を利用して34万円で売りました。
この違いは何なのでしょうか。
これからは下取りに出すのは止めにしました。


<車のよもやま話>
自動車ローンの清算なら高額売却を目指して現金持ち出しを少しでも減らしましょう。
高く売るには一括査定が便利です。

 ホームトップ
見積もりの使い方軽自動車の保険の相場通販型と代理店型ゴールド免許のメリット
保険事故と保険の等級ファミリーバイク特約付の相場自動二輪任意保険2台目の車の保険
運転者限定保険料節約

このページの先頭へ