車の保険 相場|一括見積もりの流れ

車の保険全体の相場の知り、最適・最安を選ぶには一括見積もりが必須になりました。

一括見積もり利用の流れは次のようになります。

■事前に手もとに用意するもの
免許証、車検証、現在加入の保険証券

■入力する項目
①登録年月 、車名、型式、所有者、使用目的など車の基本事項
②年間走行距離、運転地域、エアバックの有無など車の使用状況
③等級、補償内容、満期日、保険会社など原契約の内容
④保険請求した事故回数、契約者の基本情報(住所、氏名、年齢など)
⑤運転免許情報(取得年月日、免許証の色、免許停止経歴など)

※一見項目が多いようですが実際には最短で5分程度、長くても15分くらいで入力が完了できます。
車両保険、人身傷害保険、特約など自分の求める補償内容についてあらかじめ方針を決めておけば手が止まりません。

■メールあるいは郵送で見積もりが届く
入力を確認し申込を完了すれば、メールは1日程度、郵送は2日程度で見積もりが届きます。
一覧で全体を横並びで比較し、絞り込めたら詳細な比較・検討を行えばいいでしょう。

車の保険 相場|一括見積もりをうまく利用する

一括見積もりを利用する時は免許証・現在の保険証券・車検証を手許に用意します。
入力項目についてあらかじめ眼を通し、必要ならメモをしておけば円滑に進みます。

ポイントは車両保険の有無やそのタイプ、必要な特約などについて入力前に考えを決めておくことです。

初めから保険料の最終額を知ることよりも、
・各社の保険料はどうなって、どのような差があるのか
・入力した条件で一番安いのは、あるいは高いのはどこなのか
・今より安くなるのはどこなのか

などをまず把握することが一括見積もりの効果的な利用方法でしょう。

予算オーバーなどの場合は、一度見積り結果を見てから調整することができます。


※自動車の査定でも一括見積りサービスがあり多くの人に利用されています。
  ⇒自動車の無料一括査定

車の保険 相場|一括見積と個別見積の使い分け

車の保険の比較になかなか時間が取れない時は、一括見積もりが心強い強力な助っ人になります。

でも、時間が取れる場合は、「一括見積もり」と「個別見積もり」のメリット、デメリットを理解して使い分けるのが最良の方法でしょう。

例えば、一括見積もりで保険会社の絞り込みや候補の決定を行い、各社独自の補償や特約などは個別見積もりで煮詰めていくという方法もいいでしょう。

また、時間がない場合は、一括見積もりの比較だけで保険会社を決めてまずは安いところへの切り替えを行い、翌年の更新時にその会社のサイトで独自の補償、特約などの詰めを行うという方法もあるでしょう。

各社の無料見積もりサイトは社名で検索をすればすぐに見つかりますので、サイト探しに時間をとられることは無いでしょう。


<車関連のちょっとお得な話>
車の保険も車の売却も一括見積りが大分普及してきたようですね。
車の査定額の一括見積りの方も各社を比較して一番いい条件のところを選ぶことができます。
どちらも一度利用するとリピーターになってしまうようですよ。

車の保険 相場|一括見積りで全てがわかるわけではない

一括見積りは大変便利で車の保険選びの強力な味方になってくれますが、すべての内容を網羅した万能選手ではなく一定の制約・限界があり、利用する時はそのことを知っておいた方が良いでしょう。

注意が必要なのは、一括見積りの場合、各社独自の特約や補償は見積対象から除かれているという点です。

各社独自の補償内容まで一括見積りに反映させるためには、各保険会社の個別の特約の条件などが必要になり入力項目が膨大になってしまいます。

一括見積りサービスは、「不特定多数の人が必要最小限の入力によって多数の保険会社の見積もり概算を比較する」のが目的ですから、この点はやむをえないでしょう。

一括見積もりにあれもこれもと各社の細部を取り込むと、短時間で多くの保険を簡単・便利に比較できるという最大のメリットが損なわれてしまうことでしょう。

次の注意点は、一括見積もりは、見積もり対象になっている保険会社すべての見積もりを入手できるわけではないということです。

「最大15社」になっていたとしても、15社というのはあくまでも最大であって結果として見積もりが最終的に示されるのは9社とか6社だけということが十分にあり得ます。

つまり、入力される車種や加入条件によって見積もりに応じれない保険会社が出ることによって第一段階のふるい分けがひとりでに行なわれているということです。

これはデメリットではなく、最初のハードルによる絞込みをしてくれていると捉えるべきでしょう。


※ちょっとこれを!
自動車ローン残して所有権を解除する方法があるって知ってましたか?
でも手続きが面倒くさそうです。売却代金と現金でスッキリした方がよさそうです。

このページの先頭へ